夏の小鹿野、絶品わらじカツ丼と大自然ドライブコース

夏の小鹿野、絶品わらじカツ丼と大自然ドライブコース

冬の尾ノ内百景氷柱で有名な小鹿野に、夏のおでかけをしてきました。小鹿野は、埼玉県秩父市のとなりにある町です。

わらじカツ丼発祥の店など観光スポットもたくさんあり、大自然に囲まれているので、のんびりドライブにぴったりの場所です。

今回は、​夏の小鹿野、絶品わらじカツ丼と大自然ドライブコースを紹介します。

もくじ

  1. 絶品わらじカツ丼「鹿の子」
  2. 夏の渓谷と豪快な一番滝「尾ノ内渓谷」
  3. ​296段の石段「秩父31番札所 観音院」
  4. ​国指定天然記念物パレオパラドキシア「おがの化石館」
  5. ​夕日のあたる崖「ようばけ」
  6. ​ふわふわパンケーキ「メープルベース」

絶品わらじカツ丼「鹿の子」

鹿の子の外観

まずは腹ごしらえ。秩父といえばわらじカツ丼が有名で小鹿野に数軒あるお店の中から、評価の高い鹿の子にやってきました。

鹿の子の店内

会議室にあるような長いテーブルが2つあって、店内は広め。壁に貼られたメニューは昭和感が漂います。

鹿の子のメニュー

付け合せの味噌汁に漬け物、そして、どんぶりの蓋から顔をのぞかせるカツの登場です。

わらじカツ丼

横たわる2枚の大きなカツ。ヒレ肉で下味がしっかりついています。柔らかくてうまい!

カツは柔らかくてうまい!
名前 鹿の子(かのこ)
電話 0494-75-0069
住所 〒368-0105 埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野3603
営業時間 10:00〜19:00
定休日 なし
駐車場 あり

夏の渓谷と豪快な一番滝「尾ノ内渓谷」

尾ノ内渓谷の遊歩道

鹿の子からドライブすること車で30分で尾ノ内渓谷に到着。遊歩道はウッドチップで歩きやすいです。

尾ノ内渓谷の大自然

吊り橋までは徒歩1分、冬には氷柱で人気の観光スポットですが、夏は涼しい渓谷で大自然を感じることができます。

尾ノ内渓谷の吊り橋

吊り橋の手前を降りて行くと、豪快な一番滝が姿を現します。落差は6m、すごい音と水しぶきで迫力満点です。

尾ノ内渓谷の一番滝

名前 尾ノ内渓谷(おのうちけいこく)
電話 0494-79-1100(小鹿野町役場)
住所 〒368-0292 埼玉県秩父郡小鹿野町河原沢996-1(尾ノ内氷柱の入口地点)
駐車場 あり(無料)

296段の石段「秩父31番札所 観音院」

観音院の仁王門

秩父方面に戻る途中、秩父31番札所 観音院に立ち寄りました。石像でできた日本一の仁王像がかっこいいです。

観音院の石段

本堂まで296段の急な石段が待ち構えています。ちなみに、段数はお経の数に合わせてあるそうです。

観音院の石段

10分ほどでようやく本堂に到着。山の中に建つお寺でパワースポット感のある静かな雰囲気です。

観音院の聖浄の滝

見どころは聖浄の滝。写真に収まらないぐらいの高さで落差は60m、滝壺には小さな虹ができていて美しい。

観音院の滝壺
名前 秩父31番札所 観音院(かんのんいん)
電話 0494-75-3300
住所 〒368-0111 埼玉県秩父市小鹿野町飯田観音山2211
駐車場 あり(無料)

国指定天然記念物パレオパラドキシア「おがの化石館」

おがの化石館の外観

おがの化石館は奇獣と呼ばれるパレオパラドキシアをはじめ、日本のみならず世界の化石が展示されています。

おがの化石館のパレオパラドキシア

入り口ではパレオパラドキシアの骨格模型がお出迎え。1階は小鹿野の化石を中心に数多く並べられています。

おがの化石館のコレクション

2階は地質時代にわけられた化石を展示していて、近くから見える「ようばけ」の展望デッキもあります。

おがの化石館からのようばけ
名前 おがの化石館(おがのかせきかん)
電話 0494-75-4179
住所 〒368-0101 埼玉県秩父郡小鹿野町下小鹿野453
入場料 大人300円/子供(小中学生)200円
開館時間 9:00~17:00
休館日 火曜日
駐車場 あり(無料)

夕日のあたる崖「ようばけ」

ようばけへの道

おがの化石館から徒歩5分のところに、ようばけを間近で見れる場所があります。巨大なオブジェのようで、約1,500万年前の地層がそのまま残っています。

赤平川

赤平川に出ると目の前に、白い岩肌を見せた崖が現れます。ようばけは夕日のあたる崖というのが由来で、ようが太陽、ばけが秩父の方言で崖という意味らしいです。

白い岩肌のようばけ
名前 ようばけ
電話 0494-75-4179(おがの化石館)
住所 〒368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留付近(おがの化石館から徒歩5分)

ふわふわパンケーキ「メープルベース」

メープルベースの外観

小鹿野の旅、最後のスポットは女子に人気のカフェ「メープルベース」です。ここは、秩父ミューズパーク内にあります。

メープルベースのメニュー

パンケーキをメインに、秩父産のメープルを使用したメニューがずらりと並びます。ドリンクも豊富です。

メープルベースの店内

ログハウスの建物の中は、吹き抜けの天井で真っ白な内装。おしゃれな雰囲気でいい感じです。

メープルミルクとブルーベリースムージー

おすすめのメープルミルクと季節のスムージーを注文。ほんのり甘いメープルミルクは美味しい。ブルーベリーを使用した季節のスムージーはすっきりした味わいです。

メープルベースのパンケーキ

パンケーキはふわふわな生地で、国産メープルシロップは香り高く、これまたちょうどいい甘さです。

名前 メープルベース
電話 0494-26-6150
住所 〒368-0102 埼玉県秩父郡小鹿野町長留1129-1 秩父ミューズパーク内
営業時間 10:00〜17:00(ラストオーダー16:30)
定休日 水曜日(祝日、繁忙期は除く)

さいごに

いかがでしょうか。

小鹿野は自然がたくさんあるので、リフレッシュできます。おがの化石館やようばけは、夏休みシーズンに子供と訪れるのもいいですね。

各観光スポットまでは、車での移動が便利です。秩父市内のように渋滞もないので、快適なドライブが楽しめます

夏の小鹿野、絶品わらじカツ丼と大自然ドライブコース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

帽子と眼鏡がトレードマークのノベルティデザイナー。坂本龍馬で有名な高知県生まれ、カツオのたたきが主食です。休みの日は妻とおでかけするのを楽しみに生きています。2017年に娘、2020年に息子が誕生しました。