野山北・六道山公園「赤坂谷戸」だれでも里山コースで森林浴

野山北・六道山公園「赤坂谷戸」だれでも里山コースで森林浴

湿度100パーセント!もうすぐ梅雨明けという季節に、六道山公園に行ってきました。

「赤坂谷戸」は六道山公園のほぼ中央に位置していて、インフォメーションセンター(管理所)の近くにあります。

車いすやベビーカーでも散策できるバリアフリールートがあるので、気軽に森林浴ができます。

今回は、野山北・六道山公園「赤坂谷戸」だれでも里山コースで森林浴を紹介します。

里山コース案内板

赤坂駐車場を降りると大量の湿気。梅雨のジメジメ感が半端じゃない。だれでも里山コースは、大きな木と沼が見える地点からスタートです。

散策コースのスタート

公園の沼は静かだ。森はどこからともなく虫の鳴き声が響き渡る。時よりウグイスが存在感を放っている。

虫の鳴き声にウグイス

自然たっぷりの場所でテンションが上がったのか、変なスタイルで走り出す娘。ウキウキが止まらない。

自然たっぷりの場所

道は平坦なので小さい子供でも問題はなさそう。少し亀裂が入った部分もあるので、ベビーカーなどは注意が必要。

道は平坦だがベビーカーは注意

ジッとして動かないキリギリス(の仲間?)を発見!うまく葉っぱと同化している。緑の画で目にやさしい。

同化しているキリギリス

夏に向けて準備万端といった感じの森。砂利道が見えてくるが奥へは行かず舗装されたルートを曲がる。

夏に向けて準備万端の森

流れがほとんどないジャングルのような川がある。この辺りがちょうど折り返し地点となる。

ジャングルのような川

三ツ木地区防空壕跡。空襲から身を守るというよりは、航空機の燃料を保管していた場所らしい。

三ツ木地区防空壕跡 />
<p>橋の反対側にもと来た道が見える。ニッコウキスゲの花が咲き誇っているが、緑の強さが勝っていて写真だと伝わりにくい。</p>
<img src=

ハンミョウか?!と喜んでいたが、あとで図鑑で調べるとオサムシという昆虫だった。動きはすばしこい。

オサムシという昆虫

大きな木と沼が見えたらゴール!ゆっくり歩いて1周15分から20分のちょうどいいコースだった。

大きな木と沼が見えたらゴール

森林浴を存分に楽しんだ娘は、駐車場の脇で喜びの舞を踊ってくれた。かわいいからまた連れてくることにした。

森林浴を存分に楽しんだ娘
名前 野山北・六道山公園インフォメーションセンター(管理所)
電話 042-531-2325
住所 〒208-0032 東京都武蔵村山市三ツ木4丁目2
開園時間 8時30分~17時30分
休館日 年末年始
駐車場 約34台(赤坂駐車場)

さいごに

いかがでしょうか。

野山北・六道山公園といえば里山民家が見どころですが、赤坂谷戸はあまり知られていないのか穴場といった感じでした。最寄りの赤坂駐車場には、おむつ交換ができるベビーベッドや車椅子の方も利用できるだれでもトイレが整備されているので安心です。

ハイキングや野鳥観察などを楽しみながら豊かな自然を独り占めできる公園となっていました。

野山北・六道山公園「赤坂谷戸」だれでも里山コースで森林浴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です